FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アトリ
本日は私は休み。
今朝は暑くて非常に寝苦しく、布団を蹴飛ばしていた。
そこへ姉の声が。

「アトリが居ない」

私は眠くて「後で探す」と言ってまた寝た。
それから1時間くらい経って起きたら、まだアトリが居ない。

家中を探したけど居ない。

「ベランダから落ちたんちゃうやろな」と姉。

「えっ?! ベランダ開けてたん?!!」

慌てて下を見たら、前足を必死で動かしてもがいているアトリが居た。

生きてる!!

私は悲鳴をあげたのか、どうしたのか覚えていない。
とにかく普段は降りられない、その草地に必死で降りて
アトリを抱き上げた。
落下してからこの炎天下に1時間ももがいていた。
目は見開いて、前足は硬直している。

運悪くいつもの病院は定休日。
以前、真央ちゃんが交通事故でぐちゃぐちゃのネコを
シエル動物病院で奇跡の復活させてもらったのを知っていたので
慌ててシエルに駆け込んだ。

とにかく今日は入院させて様子を見る事に。
夕方連れて戻ったが、その間にレントゲンも点滴も血液検査も
その他諸々の処置をしていただいていた。

腎臓の値がまた最悪になってしまった。
肝臓の値もショックからか悪い。
肋骨が1本折れていた。
もしかすると第5脊椎も損傷しているかも知れない。
後ろ足の反応が非常に悪い。
もう歩けないかも知れない。

せっかく腎不全から奇跡の生還をしたのに。
せっかく歩けるようになっていたのに。

ずっと目を見開いたままで、前足は硬直して冷たい。

そして22時を過ぎてやっと、見開いていた目を閉じて寝てくれた。


目が見えないアトリなのに、ベランダを開けたまま目を離して
アトリが居ないのに何故先に下を見てくれなかったのか。

そして一番許せないのは、もがいているアトリのその上で
惰眠を貪っていた自分である。

見えなくて聞こえなくて、落ちて、炎天下でもがいている間
どんなに怖かっただろう。

足は、反応は悪いが麻痺してしまっている訳ではないので
なんとかまた歩けるように、また奇跡を起こしておくれ。
スポンサーサイト
【2010/05/06 23:24】 | キャバリア | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<転落2日目 | ホーム | 気持ちのいいCD>>
コメント
アトリちゃん心配ですね。
でも、どうかご自分を責めないで下さい。
アトリちゃんは絶対に誰かを責めたりしない犬だと思います。
私も昨年ごんすけがヘルニアになった時はしばらくずっと自分を責めて過ごしました。
でも、何かで読んだ言葉をきっかけに考えを変えました。
『犬は飼い主が悲しんでいると悲しみ、喜んでいると喜ぶのです。』と・・・
だからいつも元気な姿を見せるようにしています♪
介護、大変だと思いますが無理せず頑張って下さいね。
アトリちゃんがまた元気になれるようお祈りしています。
【2010/05/08 11:19】 URL | bambimama #//469eGg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsuboblog.blog87.fc2.com/tb.php/70-206c4f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。