スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あり得ない‥あいたくちがふさがらない‥もうあかん‥何かが切れた
スポンサーサイト
【2013/06/11 10:30】 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛護活動って
昨今、ブリーダー崩壊や多頭飼育などで飼いきれなくなった犬猫の保護や
愛護センターからの引き出しなど、愛護団体がとても盛んに活動しておられます。
とてもいい事だと思います。

先日、お客様と話しをしていて「でも、愛護団体の人ってなんであんなに上から物を言うのかなぁ」
って言われた。
そう言えば私もある団体へ行った時に感じた事がある。

私が思うに、「私って保護活動していてスゴイでしょ。エライでしょ。」って気持ちがどこかにあると、受ける私達にそう感じられるんじゃないかと思うのです。
例えば、保護犬を引き取りたくて問い合わせの電話なんかした時にも、その対応がえらく上から物を言われる事も多々あるのです。

私が今応援してる団体さんは、そこが全く違いますね。
いつもいつもニコニコして、いつもいつもありがとうって言います。

保護活動って、本当に私には出来ないすごい大変な事なんですよね。
生き物相手ですから当然排泄もするし毛も抜けるし、そんな当たり前の事でさえ多数いると当たり前じゃなくなるのです。
その上病気や問題行動の子や全ての諸々の事が想像を絶する大変さなんです。

里親になろうと譲渡希望すると、ねほりはほり家庭環境の事や家の間取りやあげくは収入まで聞かれる団体もあります。
それは全部犬猫の事を考えると、大事な事なんですね。
でも、その聞き方が偉そうなんだそうです。
それで「なんでそんな事まで言わなアカンのよ」って気持ちにさせられる。
でもそれじゃダメじゃないですか。
忙しくて気持ちも忙しくなってるんじゃないかな。

質問事項は、なぜそれを聞くのかちゃんと説明する事も大切なのではと思います。
沢山の譲渡をすればするほど人間との気持ちのやり取りがおろそかになってしまっているのじゃないのかと思います。
動物の気持ちを大切に思うと同時に里親になるかも知れない人間の気持ちも大切にして欲しいと思います。
せっかく里親になろうと思っている人の気持ちが、そんな事で萎えてしまうのは本当にもったいない。

反論はあると思いますよ。
「そんな事で気分を害するのは、本当にその子の里親になろうって気持ちが薄いからだ」とかね。
そうかも知れないけど、ちゃんと説明して納得してもらうってのも保護活動のひとつじゃないのかな。
上から目線の言い方じゃなくね。
【2013/03/14 06:29】 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
馬に乗ってきた^^
今西宮市では「まちたび博」ってのをやっていて、西宮で色々体験しようっていう
プログラムがあるのです。

プログラムにはスイーツ体験とか、酒蔵体験とかオルゴール館でコンサートとか
文化、歴史、その他実にさまざまなジャンルのコースがあってどれも行ってみたい
コースばかり。

その中で私は常々行きたかった乗馬体験コースを選んで、犬友4人で行ってきました。
体験って言ってもみんな乗馬経験があって、1人なんか結構上級者だったのです。

私はと言えば、乗馬体験はあると言ってもモンゴルを馬で半周しただけだし。
10日間で回ったのですが、モンゴルの馬とサラブレッドではまったく違う馬なのですね。
モンゴル式は乗り方も鞍もまったく違うので、乗馬ってのがどんな感じかってのは
知ってるってだけで、全くの初心者です。

サラブレッドに乗ってみて思ったのは、モンゴルの馬は腹がデカイ。
小さい馬の方が腹は横に出っ張ってますね。
サラブレッドがスタイル良しのイケメンだとしたら、モンゴル馬は腹の出っ張った足の短いおっちゃん
って感じでしょうかww

本当はウェスタンを習いたいのですけど、乗馬クラブというと殆どがブリティッシュなのですね。
ブリティッシュも格好いいけど、自由に乗れるウェスタンの方がわたしゃ好きなのですわ。

今日の私の勇姿を見てやってくださいw
339ccd87c7734f35a5b7d7cd07f7bc61_7.jpg

何をしでかすか解らないので初めはヒモを付けてもらいました。
この後、並足早足を方向を変えて乗ったのですが、終わって下馬した時
手足が笑って上手く歩けませんでしたw
今既に筋肉痛が始まっていて、明日の朝がちょーこわいw
【2011/10/27 20:46】 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今日は寒い {{ (>_<) }}
昨日と一昨日は暑くてお店でもクーラーを入れていたのに
今日はまた冷たい強い風がピューピューと吹き荒れ、
夜になって山は随分と冷えてきました。

冬になると我が家ではコタツを出します。
そしてコタツは完全にハイジに制圧されます。
ひとり暮らしの時から我が家のコタツはデッカイ長方形です。
ハイジがドベーっと寝て出てこないから、私なんて端っこに入れてもらうって具合です。

そして、ハイジが来る前はアトリはコタツ大好きでずーっと入っていたのに
ハイジに制圧されてからは、アトリやスピリがコタツに入ろうとすると
「う゛~」と唸って入れないという超意地悪な女が出来上がったのです。

いつぞやなんて、アトリがコタツの外を歩いていただけで
まるでウツボの様にコタツから出てきて「ウガーッ」とアトリに襲いかかって
その時のアトリは腰をぬかして驚いて、しばらくブルブルと震えていました。

アトリが衰えるまではボスはアトリだったのに、動物の世界は衰えが見え始めると
途端に立場が入れ替わります。

そして、今のところアルムにはかなり優しいハイジです。
自分が先にベッドに居ると、後から乗ろうとするアトスピには威嚇して
絶対にベッドに乗らせなかったハイジが、アルムには許しています。

さて、今年はアルムが来て初めてのコタツです。
ハイジはアルムにコタツに入るのを許すのかどうか
楽しみです。
【2011/10/25 21:30】 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
辛い知らせ
今日辛い知らせがあった‥

お店にも貼ってある迷い犬のトイプードルの子が見つかった。
国道の片隅でペチャンコになっていたそうである。

その国道はとても交通量が多くて、歩道とかもない何車線もある幹線道路である。
大型のトラックやダンプカーも多い。

1ヶ月前に、犬が轢かれているのを見たという知らせで、急いで見に行ったそうだが
何度も探したけど発見出来なかったそうである。
その後も目撃情報などもあり、轢かれていた子は違ってその子はまだ生きていると
信じていたそうで‥

昨日、轢かれていたのを見た人が「まだあそこにあった」と教えてくれたので
見に行くと、ほんとうにペチャンコになったその子が居たそうです。
側にあったリードだけが、これはその子だと教えてくれた。

轢かれて1ヶ月もその場に放置されて、それでもまだ形があったその子。
そして、発見できた飼い主さん。
お気持ちを思うと悔しくて可哀想で奥歯が割れるほど悔しい。

なんでそんなに悔しいのかと言うと、
その子はあるペットを扱う施設から脱走して迷い犬となったのである。
その施設は、セレブを売り物にして犬の幼稚園とか言って、犬を預かって
遊ばせたりもしている施設である。
ホテルやサロンもある。
阪神間のセレブをターゲットにしているだけあって高額な入会金を取る。

それは、それだけ支払える人達だからいいとして、
それならそれだけの施設をしっかりと作ってもらいたいものである。
聞けば、今まで何度か犬の脱走事件はあったそうである。
1万歩譲って、脱走してしまった事は許すとしても
いや100万歩でも譲れないな。

その後のオーナーの態度が許せない!
誠意がまったく無い!
まったくあんな施設を使おうとしている人が居たら、今後私は必ず絶対に
反対しますからね!

きっと見覚えのある道をお家に帰ろうとして車に轢かれて死んでしまった
あの子の為にも、あの施設は許してはおけない。
【2011/10/12 01:40】 | つぶやき | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。